2017年6月15日木曜日

女性である大臣自身が、女性差別的な発言をしたのに驚いた

稲田朋美防衛相が6月3日、シンガポールで開かれた「アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)」で、演説をした。壇上には、オーストラリアとフランスの国防担当大臣がいた。
ウェブサイトに掲載された発言録によると、稲田氏は、会議に出席できたことが光栄だと述べ、シンガポール政府への敬意を示したあと、共に女性である2人の大臣に触れてこんなことを言った。
「見たら分かるように、(私たち3人には)共通点がある。同じ性別で、同じ世代で、全員がグッドルッキング(容姿が良い/美しい)」。録画された動画を確認すると、発言のあと、稲田氏は目をほそめてにこっと笑い、肩をすくめたように見える(下記動画の1分30秒前後)。その後は、北朝鮮情勢や日米同盟など本来の専門の防衛の話に演説の時間を費やしている。

■出席したジャーナリストから「違和感」


朝日新聞の守真弓シンガポール支局長は、6月14日付の「特派員メモ」で、稲田氏の演説を聞いたフランスのルモンド紙の女性記者による「大臣の容姿の善しあしなんて誰も気にしていない。女性である大臣自身が、女性差別的な発言をしたのに驚いた」という感想を紹介している。
会場では笑いが起きたことが動画で確認できる。まじめな国際会議で緊張をほぐすための「冗談」のつもりだったのかもしれない。しかし、私の認識では、国際的な会議では、あるいは私が所属する外資系企業のコミュニティーでは、「容姿」や「年齢」に触れることは、あってはならないことだ。その2つの要素は仕事には関係ないことだからだ。

■「カボチャみたいな顔」は笑えるか


また、自分の体型や顔のかたちをあえて卑下するなどして、見た目で笑いを取るジョークを日本社会で私は見聞きすることがあるが、この種の場では、通用しないはずだ。(たとえば、「私はカボチャみたいな顔をしてますから」と言ってアメリカ人の前で場を和ませようとした日本人の男性会社員に私は出くわしたことがあるが、場が凍り付いた)。
そうした容姿に関する発言が男性から起こることは少なくないにしても(残念ながら!)、女性本人から出たことに、守支局長も驚いたのだろう。
2016年の都知事選では、当時候補だった小池百合子氏を指して、石原慎太郎・元都知事が「厚化粧」と発言したと報じられたことも記憶に新しい。
日本は、世界経済フォーラム(ダボス会議)がまとめた男女格差指数で、2016年は144カ国中111位。男女の賃金格差や管理職比率の低さなどが指摘されている。稲田大臣のように、自ら「可愛い子ぶる」ことで、男性社会に受け入れられるのが実態なのか。会場では笑いが起きたかもしれないが、私はくすりともしなかった。
ただし、これは日本だけの問題だ、と単純に言えないのも事実。アメリカでもオバマ前大統領が2013年に、カリフォルニア州の女性司法長官を紹介するとき「アメリカの司法長官のなかで飛び抜けてきれいだ」と発言し、批判されたこともあった。世界的に、女性がどんどん社会に進出する中、改めて「容姿」をめぐる職場や公式な場での会話について、考えさせられた稲田氏の演説だった。