2014年6月1日日曜日

ガーリックライスの素

色んなメーカーさんがチャーハンシリーズを販売していますがどれも美味しいく、その中でもグリコのは1番のお気に入りです。

作りたいので採録

ーーーーー
チャーハンの中では異色な「ガーリックライスの素」というステーキ屋さん風の味わいが味わえるという素がスーパーに販売されているので、残り物御飯を使ってチャレンジすることにしました。
1袋に2食分が入っていて価格は100円くらいなのでコストパフォーマンスが良いです。
少し豆知識で、日本のチャーハンと焼き餃子って本場の中国では、残り物を翌日に食べる為の料理なんです。
一日目の餃子を水餃子で食べてから、次の日に余った餃子を焼いて食べる。
それと、中国では「ラーメン、餃子、チャーハン」などは全て主食らしく、日本で言うと、「ご飯、おにぎり、お餅」のような感じで、日本のお店にあるセットメニューなどを見ると爆笑らしいw
さて、ガーリックライスを食べると当り前のように我がボディーがニンニク臭くなると思いますが、そんなことは気にしません!
ど~んどん、皆さんへお見舞いするぞ~♪
ニンニク臭をプンプンさせて、オタク男児が駆け抜けてやるぜw
フライパンを温めながらサラダオイルを大さじ一杯入れ、隠し味でマーガリンかバターを少し入れると、卵に風味が付いて、より美味しくなります。
ガスコンロを弱火にしてからオイルの中へ卵1個を掻き混ぜた状態でフライパンへ入れ、卵がある程度細かくなるようにバタービーター(しゃもじのような道具)で調理します。
卵の塊が大きすぎても小さすぎても美味しくなくなり、見た目も悪くなるので、ここが結構重要。
電子レンジで温めた残り物の御飯をフライパンに入れ掻き混ぜます。
ここも弱火で、卵と御飯が均等に混ざるようにして、御飯がパラパラになるようにバタービーターで御飯を切るようにすると上手くいく。
御飯をフライパンの一箇所に集めた後に、具材の素を均等に振りかけます。
そして、弱火でバタービーターを使って丁寧に均等に混ぜます。
ソースをかけるときに、一度ガスコンロを止めてからソースを入れると効率が良い。
御飯を通過してフライパンへ流れてしまうために、火が強いと混ざる前に気化してしまいます。
御飯を片方へ集めてからソースを均等に入れ、混ぜながらガスの火を入れると全体に上手く馴染んでいく。
はい、綺麗に出来上がりました。
ソースが液体なので、マニュアルにある弱火にしたまま料理をして、パラパラな感じのライスになるように水分を飛ばします。
この感じは味見をしながら自分でポイントを探した方が良いと思う。
マニュアルで説明は難しいだろう。
いや~、美味しいよ、これ!
ニンニクの味がするので、食べた後にパワーが出てくる感じがする。
時間短縮の10分くらいで料理が出来上がるので、忙しい人にももってこいですね。
臭いが気になりそうなので、女性がこれを食べた後に外出するのは問題がありそうだが、男性なら問題ないでしょう。