2009年5月23日土曜日

神田明神下 料亭 新開花

ずいぶん古い建物で
まるでわたしが昔下宿していた建物のようだ
耐震性能などたぶん不足していると思う

玄関ではお香が焚かれていて大変にわたしの好みである
たたきには水がきれいにまかれている
食事を運んでくれる人はみんな和服でこれもわたしの好みである

今日連れて行ってくれた先輩は難しい話で相手とあれこれ
ひたすら人脈の確認で適任者を探している
わたしは何となく隣で食事に集中していた

徹底的に薄味
中には魚に抹茶で味付けしてあるものもある
塩味が苦手のわたしにはとてもうれしい

そうなると素材をどのようにして確保するかが大変だと思う
多分個人的なルートがあるのだと思う

こんな場合は食器も大切な要素で
これにも工夫があった

箸は竹でできていて
お持ち帰りに包んでくれた
細くて繊細な箸
似たようなのが家にあるから
同じようなところで作ったものかも知れない

帰りには職人さんのような感じの人が無言でお辞儀をしていた
無口な職人というものはやはりわたしのあこがれである
たくさんしゃべっていいことはなかった

家に帰っても衣服にお香の香りが残っている