2009年11月20日金曜日

炭火焼肉 新橋 甘楽屋

新橋らしく焼き肉など
基本的に飲み屋なのでお酒を飲まないわたしには無駄なのだけれど
つきあいだから仕方がない

焼き肉屋って
考えてみると
肉を仕入れて
出して
焼き加減は客がやるのだから
とくにノウハウもないような気がする
エバラ焼き肉のたれで充分においしいし
炭火とか言うのだけれど
どうせ酒で舌が痺れていて分からないはず

どの肉をいくらで仕入れるかが最大の勝負で
それを考えると
愛弟子とか弟分とかを作ったら
すぐに店が潰れそうな気がする

あとで作った方が店が新しくて
店員は新人だから時給が安いし
肉が同じなら
新しい店の方が強いに決まっている
こんなのも厳しい現実である

余った肉をどうするかが問題だが
わたしならハンバーグ専門店をひそかに
五反田くらいに開店して
風俗店周辺営業としたい