2008年10月31日金曜日

携帯節約

わたしは携帯電話を使いません。
持っていません。
私の尊敬する人は誰も使っていなかったからです。

あのように小さなものを指先で操作して、
エレガントとはとても思えない。

大人の仕草がどうしても出ない。

私はいま、ここに集中したい。
携帯を目の前において見つめているとき、
ここではないどこかに心がある。

ということは、目の前にいる人は重要人物ではない。
ということは、そんな人に会うあなたも重要人物ではない。
おもてなしの心にも反する。

いかにも日本人好みの
こぢんまりとまとまった機械。
そのことが悲しい気もする。
いかにも日本的なのだ。

そして毒にも薬にもならない程度の内容のメールをやりとりしている。

いろいろな点で私の趣味には合わない。

2008年10月30日木曜日

合わせ味噌だし入りを買った

金融大パニックで
大貧乏人のくじをひいてしまったので
しばらくは外食もしない。

面倒なときには立ち食いそばで済ます。
金融パニックでこころが弱って
消化機能も衰えているようで
そばよりもうどんが食べやすい。
コシのないウドン。

マルちゃんの三玉いくらというものににている。
冷凍うどんの方がまだしもうどんらしい。

*****
冷蔵庫を見たら味噌がない。
仕方がないので合わせ味噌だし入りを買った。
豚肉に塗って焼いて食べた。

*****
ヨーグルトも牛乳も高くなったので
自衛のために安売り店で業務用を買う。
さらにそのヨーグルトを種にして自分でヨーグルトを作る。
まあまあ。

これまでも貧乏。
これからも貧乏。
これも神様の決めたこと。
素直になろうと思う。

2008年10月11日土曜日

ハヤシライス

相変わらず煉瓦亭で
今日はハヤシライス

ここのハヤシライスはビーフシチュー風味とは異なり
さっき炒めた肉とドミグラソースを絡めたような感じだ

これならハインツの缶入りソースを使って
肉を炒めてタマネギを炒めればできるんだろうなと
前から思ってはいるが実際に試してはいない
タマネギがさくさくしゃきしゃきでおいしい

2008年10月4日土曜日

煉瓦亭 松屋銀座

全く進歩も反省もなしに煉瓦亭に通う
今日はチキンライスとポークチョップ
全く代わり映えしない

しかし私にはこれが今のところ最高のごちそうである
一種の強迫性性格である

煉瓦亭では外が眺められる二階もいいが
地下に行くと座った高さくらいにちょうどコンクリートの面が出ている
その年月のたった風合いが好きで
この場所でいろいろあったことも思い出す
つるつるの新品にはない何かの記憶が格納されている感じがする
古きものゆかし

アップルストアに寄りまたマックがほしくなる
今回のソニーの新型パソコンは全体にマックをまねしたといういつもの路線である
代わり映えしない

銀座松屋が新装したというので眺めてみる
全体に低価格帯を増やしたとのこと
どう考えてみてもほしいものが一つもない
欲望の炎が消えている
必要になったら買えばいいだけの話なので
どこにあるかを確認しておけば充分であるような気がする

地下に行くとこれがまた安い
信頼性を疑わせるくらい安くなっている
肉のハナマサと張りあえるくらい安い
株と外貨で損をしている人もしばらく大丈夫ではないだろうか

バナナは売り切れ
ダイエット情報で売り切れが続いているらしい

私としては新米と辛子明太子で必要充分である