2008年10月31日金曜日

携帯節約

わたしは携帯電話を使いません。
持っていません。
私の尊敬する人は誰も使っていなかったからです。

あのように小さなものを指先で操作して、
エレガントとはとても思えない。

大人の仕草がどうしても出ない。

私はいま、ここに集中したい。
携帯を目の前において見つめているとき、
ここではないどこかに心がある。

ということは、目の前にいる人は重要人物ではない。
ということは、そんな人に会うあなたも重要人物ではない。
おもてなしの心にも反する。

いかにも日本人好みの
こぢんまりとまとまった機械。
そのことが悲しい気もする。
いかにも日本的なのだ。

そして毒にも薬にもならない程度の内容のメールをやりとりしている。

いろいろな点で私の趣味には合わない。