2007年10月26日金曜日

食品偽装

不二家、三輪山そうめん、ミートホープ牛肉偽装、白い恋人、赤福、比内鶏、輸入牛肉と国産牛肉のすり替え、うなぎ、いろいろありますね。

1.そもそも賞味期限の切れた食品を食べて平気だったわけで、それはおかしくないか?

赤福では、むき餅をしていたわけだが、トレハロースとかいろいろ合法な物質を使っていて、なんていう話も聞くけれど、いったい、餅とか、あんとかいうものは、腐らないものなのか?腐らないなら、賞味期限が合理的ではないはずだ。賞味期限が正しいなら、腐らせないような何かをしているはずだ。

2.そもそも偽物バッグを持ってデートに行き、偽腕時計で待ちあわせ時間を確かめ、偽比内鶏を食べて美味しいと言い、愛していると偽の言葉を言い、偽装した乳房で誘い、偽装性欲で夜が終わる。朝になって眼鏡を手に取るとそれは、福井県鯖江かもしれないイタリア製のフレームで、南アフリカで作られたベンツに乗って、わけの分からないコシヒカリ弁当を食べ、変な白身の魚を味わい、アメリカの大学で何かしていたという人物と仕事の交渉をする。風呂に入れば資生堂の高級石鹸はちふれの石鹸と同じラインで製造されているし、テレビをつければ、食べたこともないケーキを美味しいと素人が笑顔で言い、ニュースはでたらめ、役人筋の情報リークを並べているだけ、スポーツニュースは数字が正しいだけで、記事はいい加減。スポーツ選手たちは雑誌に溢れる嘘の記事に踊らされ、変なダイエットに走り、体力や集中力がなくなり、結局けがをしたりする。 それがいやなので、最初からシナリオを決めて試合をしたりして、偽装試合だ。 筋肉が盛り上がっていても、ステロイドホルモンで盛り上がっているだけだし、きゃーきゃー言う客も、半分はサクラだ。
広告というものは、情報を伝えるものでもあるけれど、夢をふくらませるものでもある。夢と嘘はぎりぎりの関係なのだろう。
みんなが赤福は美味しいと言っているときに、この餅少し味が落ちてるなんて言えないわけだし、空気を読んで合わせているわけで、本当の味なんか誰も味わっていないのだろうかね。それなら、偽物でも何でも、どうでもいいんだろうな。体に悪くないなら偽物でもよいと割り切るのも必要かもしれない。
そもそも文章を書くなんて、嘘つきと紙一重なんだ。